FXで生きる!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の予想と作戦

<<   作成日時 : 2006/07/31 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

先週の米GDPが,先々週のバーナンキ議長の発言を裏付ける数字となりUSDが売られました。このGDPに絡む値動きは至極当然と納得しているのですが,先週の指標に絡むそれまでの値動きは本当にわかりにくかったです。さて,今週はどうなることやら。

今週の作戦を人気blogランキングでチェック!

GDPの数字により,次回FOMCの利上げ停止観測が急速に浮上しているようです。次回は利上げか停止下のどちらかで,利下げは0%といっていいでしょう。そうなると,既に市場の織り込みが利上げ停止に傾いていることを考えると,今週の米指標で多少悪い数字が出ても大きくUSDが売られることはないような気がしています。もちろん来週のFOMCで利上げが見送られても,その次どうなるかも今後の指標次第なのですが,日程が目前に迫ってきているのでとりあえず目先の利上げがどうなるかという思惑が大きく効いてくるでしょう。それと一つ自分の中で引っかかっているのが,GDPをきっかけにしたUSD売りが行き過ぎのような気がしていることです。
よって,今週は米指標がそこそこの数字であれば再度USDが買われるような気がしています。よって,サプライズ的に悪い数字が出ない限りはUSD買いの方向で考えています。

今週の注目米指標
7/31(月) 23:00 シカゴ購買部協会景気指数
8/1 (火) 21:30 個人所得、個人支出、PCEコア・デフレータ
     23:00 ISM製造業景況指数
8/3 (木) 21:30 新規失業保険申請件数
     23:00 ISM非製造業景況指数
7/28(金) 21:30 雇用統計

大注目は,ここのところ月に一度のお祭りが恒例となった雇用統計ではなく,ISM指数です。過去の統計であるGDPよりも先行指標のISMの方がトレーダーに重要視される傾向があるようです。また,ISM指数が53を下回ると利上げ停止が検討される水準,50を割り込むと利下げが検討される水準とされており,いよいよ利上げ停止かと大注目の次回FOMCを控えて俄然注目されるでしょう。ISM指数で良い数字が出るようなことになれば,USDの買い戻しに勢いがつくでしょう。

雇用統計後に米ドル円117円到達!?→ブログ村為替ブログ

今日の東京時間午前は,先週末の流れを引きずったような値動きです。7月の米ドル高と8月の米ドル安というアノマリーの話題をよく見かけますが,7月始値が114.3あたりだったので、今日の値動きによっては、7月が陰線で引ける可能性も十分に考えられます。

今週のもう一つの注目は,政策金利ラッシュです。世界的な利上げムードの中,日本の利上げペースが遅くなればなるほど金利差は拡大の一方です。日本のゼロ金利解除,利上げで今年の大きな流れは円高と確信していたのですが,その確信はもうなくなりつつあります。
8/2 (水) 8:30 RBA政策金利 (5.75% → 6.00% 利上げ)
8/3 (木) 20:00 BOE政策金利 (4.50%据置)
     20:45 ECB政策金利 (2.75% → 3.00% 利上げ)

明日から8月。気分一新がんばります!応援お願いします!→にほんブログ村 為替ブログへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
応援!足跡です♪
izumi
2006/07/31 19:04

コメントする help

ニックネーム
本 文

ODL japan

高機能チャート MetaTrader4をクライアントソフトに,更にODL MetaTrader4 ProActiveでシステム売買(EA:Expert Advisors)が可能!
ODL

注目!業者ピクアップ

顧客の声を真摯に聞いて進化し続けるヒロセ通商に注目!
ヒロセ通商活用法
画像


受賞歴

金融投資専門のランキング"マネポケ"にて「第1回マネポケ大賞2007」でFX部門賞をいただきました!
画像

今週の予想と作戦 FXで生きる!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる