FXで生きる!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週のチャートポイントと作戦(9/17〜)

<<   作成日時 : 2007/09/16 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3




にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ   にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ

リスクの少ない順張りトレード,的確な利確ポイント,騙しサインの見分け方も丁寧に指示されている,損切りポイントも指示されている,こんなsarahさんのシステムトレードなら円安でも円高でもしっかり稼げます。ぢょんも目から鱗のシステムトレードです。
大好評スキャルマニュアル(動画解説付き!)の並行活用で収益の機会倍増!わかりやすい動画解説でぢょんも修行中。

明日は祝日で東京は休場。3連休で旅行されてる方もいらっしゃるでしょう。おいらは寂しく病院でおとなしくしております。ホントはこの連休を利用して帰省予定だったのですが,私はもちろん断念。かみさんと娘はおいらを置き去りにして帰省。まぁ割引航空券はキャンセル料が高いから「もったいないし行ってくれば」とおいらが勧めたのですが。。。

ここのところ,週明けで吹き上がったり突っ込んだりした後,必ずと言っていいほど元に戻る(戻るどころか逆へ行ってしまう)パターンですが,明日はどうなるでしょうか。もしそんな動きになったら,東京休場で薄商いですし思わぬ値動きになるかもしれません。狙ってみてはいかがでしょう?

プレミアレポートの充実差で選ぶならFXプライム


1万通貨を5000円の証拠金で運用するならフィリップ ファイナンシャルス 株式会社

今週は重要指標が多い感じですが,どれも大注目FOMCの前ではかすんで見えてしまいます。FOMCまでは指標で動いても往って来いになりそうな気がします。FOMCで波乱がなければ福井総裁の会見内容,BOE議事録の内容なんかには素直に反応するのではないでしょうか。
注意したいのは今週相次いで予定されている米証券大手の決算で,ここでサブプライムローン問題が蒸し返されるような内容になると,円高第3弾となりそうです。

ミリオネアFXバックテスト検証で衝撃の事実!

9/17(月) 東京休場
    21:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数
9/18(火) 17:30 英消費者物価指数・小売物価指数
    18:00 独ZEW景況感調査
    21:30 米生産者物価指数
    22:00 対米証券投資
    27:00 FOMC政策金利
9/19(水) 正午過ぎ 日銀政策金利
    15:00 日銀月例報告
    15:30 福井総裁記者会見
    17:30 BOE議事録
    20:00 加消費者物価指数
    21:30 米消費者物価指数・住宅着工件数・建設許可件数
9/20(木) 7:45 NZ経常収支2Q
    17:30 英小売売上高
    21:30 加卸売売上高
    25:00 フィラデルフィア連銀景況指数
9/21(金) 21:30 加小売売上高

必見!狙われないストップの付け方為替ブログ4位

USD/JPY:週末はNYクローズベースで115.35まで上げてきました。どこまで戻れるかですが,まずは13日の高値115.48を超えられるかどうかで,その上は116.5あたり,そこを超えるとようやく117円が見えてきて戻り高値更新トライとなりそうです。117円トライまで早々に到達出来ない場合は,急速に降りてくる雲に上値を阻まれそうで,雲及び遅行線の衝突で急落の可能性に注意したいです。FOMCまでにどこまで戻れるかが鍵になりそうです。雲を上抜くまでは戻り売りのスタンスで望みます。

EUR/JPY:先週は5日連続の陽線で戻り高値も更新して強気の相場。まずは遅行線がローソク足実体と衝突するのですんなり上抜くかどうかで,そのあとすぐに雲とぶつかります。これらのタイミングでは念のため急落に警戒。米・英の利下げ観測が浮上していろこともあり,ファンダメンタル的にもEURに追い風の雰囲気です。雲の上に出るまでは様子見で,浮上後は押し目買いのスタンス。

GBP/JPY:不動産金融大手が資金調達難に陥るという悪いニュースも手伝い,ここにきて利下げ観測も浮上してきたようです。EURとは対照的に戻り高値の更新ならず,13日に示現した長い上髭のロウソク足が235円までの戻りの可能性を消してしまったような感じです。USDに対しても値を崩してきているところが今のGBPの弱さの象徴ですね。戻るようであれば235円もしくは戻り高値235.5をバックに戻り売り。戻り高値更新から雲の上への浮上となれば方針変更。GBP/USDの反転に注目。

NZD/JPY:急速に戻してきて83円手前まで戻りました。ただそこからは上値が重たく週末は82円前後で揉み合い。まずは先週の高値83円を上抜いて戻り高値の更新なるかどうか。85円で上値を抑えられてもたつくようなことがあると,戻りの限界感から急速に売り込まれる可能性に注意したいです。83円85円を目処に戻り売り。85円超えで様子見,雲の上浮上で押し目買いに方針転換でしょうか。

AUD/JPY:戻り高値更新で,週明けは97円前後を堅める事が出来るかどうかで,週末の水準がキープできれば雲の上へ浮上できそうです。ただし97円超えは週末にかけて3度上値を抑えられているので,週明け早々に超えられないと失望売りが出る可能性もあり,再び96円を割り込むようであれば下落が進む可能性に注意したいです。雲の上に出るまでは様子見。上抜ければ押し目買いでしょうか。

CAD/JPY:戻り高値を更新して戻り売りの作戦変更の目処としていた111円後半を超えて一時112円を超えました。遅行線は週末既にローソク足実体にぶつかっており,このまま遅行線が上抜けば雲の上にも出てくるでしょう。雲の上への浮上を確認して押し目を買う作戦で。

sarahさんが注目する今週の通貨ペアは?人気blogランキング14位

EUR/USD:1.39超えからは時間足で緩やかな下降チャンネルを形成。ファンダメンタル要素からは長期的に上向きと見ますが,高値更新でいったん押し目を形成する動きになりそうで,転換線・基準線やSMA21などとの絡みに注目。押し目狙い。

GBP/USD:テクニカル的には雲の上限に阻まれて下落した格好。週末クローズでは雲を下抜けてます。このまま下げるようであれば2.0付近にある基準線がサポートになるのかどうかで,下抜ければ再度1.97のサポート確認でしょうか。目先は雲の上限をバックに売りを考えていますが,週末の後半にかけて雲のねじれを迎えるので,動きがはっきりしなければ様子見で。

USD/CHF:再度1.18がサポートとなった感じで,1.18割れをバックに押し目買いも検討されるところですが,雲の下限が1.2あたりまで下がってきており値幅があまり期待できなさそうです。1.18〜1.2ミドルをどちらにブレークするかに注目。

USD/CAD:堅調なCADに押されて完全に雲の下に抜け7/25の安値を更新しました。一度方向付くとトレンドが長く続く傾向があるので,まずはこのまま1.0を目指す動きになるのかどうかに注目したいです。時間足の移動平均線を目安にして戻り売りの作戦で。

AUD/USD:戻り高値をしっかり上抜いてきてあとは雲の上に出るだけといった感じ。ただ,週末にかけては0.85を手前に上値が重たい印象。雲の上に出てから押し目買い狙いを考えています。

NZD/USD:急速に値を戻すも戻り高値には届かず,今のところ0.72で上値を押さえられており,週末にかけては上値トライもなく小幅な値動きで,時間足のボリバンも収束してきてます。目先はボリバンのブレークから追っかけでしょうか。
AUD/NZD:日足21日線のサポートに注目。

 FX業者の徹底比較サイト!

↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログへ  画像

資料請求するだけで高性能ノートPCThinkPad T61がもらえるチャンス!
CMC MarketsのFXマージンは資料請求で当たるプレゼントキャンペーン実施中。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 ぢょんさん、初めまして、アルジャーノンと申します。

 最近、「FXとビジネスで目指せファイナンシャルフリー!」というブログを立ち上げました。是非、お立ち寄り下さい。

 まだまだ相互リンクも少ないので、自分が見て特に好感を持ったブログのブロガーさんに相互リンクをお願いしております。

 よろしければ相互リンクをお願いします。私の方はまことに勝手ながら、先にリンクさせて頂きました。
アルジャーノン
2007/09/17 10:49
 URL貼り忘れていました。是非、前向きな相互リンクのご検討をお願いします。
アルジャーノン
URL
2007/09/17 10:51
アルジャーノンさん
相互リンクのお誘いありがとうございます。
貴サイト拝見させていただきました。立ち上げられてから日にちが浅くサイトの特色を掴みきれずにおります。申し訳ありませんが,今回こちらからのリンクは見送らせてください。
サイトの特色が出てきたらまたお声をかけていただければと思います。
ぢょん
2007/09/18 19:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ODL japan

高機能チャート MetaTrader4をクライアントソフトに,更にODL MetaTrader4 ProActiveでシステム売買(EA:Expert Advisors)が可能!
ODL

注目!業者ピクアップ

顧客の声を真摯に聞いて進化し続けるヒロセ通商に注目!
ヒロセ通商活用法
画像


受賞歴

金融投資専門のランキング"マネポケ"にて「第1回マネポケ大賞2007」でFX部門賞をいただきました!
画像

今週のチャートポイントと作戦(9/17〜) FXで生きる!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる