米ドルショートで参戦

GBPが上値を拡大し,NZDが元気なく下げた以外は,ロンドン時間に入っても特に動きはないようです。FOMC待ちといったところでしょうか。

昨日のバーナンキ議長の発言に対する反応からして,FOMC議事録の内容がタカ派でなければもう一段USDが売られると思います。昨晩のUSD下げが今のレベルで止まった原因がFOMC待ちであるとすると,今晩もし下げるようなことがあれば昨日以上に下げるかもしれません。しかし,下げても114円台まで,行きすぎても113.5あたりが目処と見ています。今晩も米指標がいくつか出るので,タイミングを見計らって,どこかでショートポジを取って参戦したいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

為替一撃
2006年07月20日 22:53
こんばんは!

もう少しでバーナンキの発言ですね。
どうなりますかね。
応援しています。

2006年07月21日 13:12
為替一撃さん
昨日の発言が全てでしたね。

ポンドの下げタイミングをうまく掴みたいと思っています。早く下がりませんかねぇ...