数字悪化の思惑でユーロ売り

欧州勢はユーロ売りで入ってきたようです。ポンド・フランも下げましたが,各通貨ともいったん下げ止まったようです。今朝の貿易収支で悪い数字が出たNZDもロンドンタイムに入ってから再び売られています。この動きの背景には,これから出る独IFO景況感指数が悪い結果となるとの見方もあってのことと思います。よって,良い数字が出れば買い戻されると思うのでチャンスがあれば乗りたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

為替一撃
2006年09月26日 18:08
村長さんは首位の方でしたか。
5時に指標は良かったみたいですが動きがありませんね。
ユーロ円は売りが強いって事なのでしょうか?

2006年09月26日 18:19
為替一撃さん
事前予想より若干良い数字が出て直後は買われましたが,事前予想の数字がここのところ悪い数字が出ていたことを考慮してのものだったようで,数字自体は決して良くないという見方があるようです。
その他,関係筋の発言も影響してるようです。