ユーロもここまでか?

昨日は,BOEとECBの政策金利発表がありました。
BOEは据え置きでしたが,対円で発表後に1円以上下げました。利上げの期待が結構あったようですね。しかしポンド買いに大きく傾いていたポジションの調整程度で終了,9/29につけた219.9に近づくこともなく反転上昇してます。昨晩下げ止まったところで買おうかかなり迷いましたが,雇用統計を控えていることもあり結局ノーポジです。

ECBは利上げしましたが,完全に市場に織り込み済みだったようです。12月の追加利上げの可能性にかなり含みを持たせたものの,市場の期待ほどタカ派な発言ではなかったということでしょうか,ユーロ売りの流れとなりました。対円では149円で下げ止まり,その後上昇してますが,対円での牽制発言がなかったからでしょうか?昨晩のトリシェ総裁の会見で私がちょっと気になっていることは以下の2点です。
①ECBはヘッジファンドに大きな注視を向けており,ヘッジファンドには明確な状況改善が必要。
②米国の成長が1%鈍化すればユーロ圏には0.2%程度の影響生じる。米国経済は緩やかに減速する見通し。米国の不動産セクターを非常に強く注視。
150円を大きく越えてユーロが大きく買われることは無いんじゃないかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント