ポンドがぶっ飛んだあとのトレードは? 今週の作戦(12/16~)

金曜の朝はポンド絡みのレートがぶっ飛びました。先週はポンド買いの方針で臨んでいて,いくつかポンド買いのポジションを持っていましたが,英選挙の前予想が微妙になるにつれ投票終了直後は荒れ模様になりそうなことと,取引業者からスプ拡大のメールが来たこと,何より選挙後も絶対にポンドが上に行くという確信が持てなかったので,水曜の夜のうちにポンド絡みのポジションはすべて閉じました。

結果としてはポンドは大幅上昇となりましたが,ポジションは閉じた判断は間違ってなかったと思っています。下は金曜朝のポンド米ドルの5分足ですが,300pipsほど値がぶっ飛んでます。もし売りのポジションを持つのであれば,自分ならそれまでの高値1.325越えにストップを置くと思いますが,これでは相当滑るはずです。絶対に上に行くという確信が持てない,まぁ自分はその程度の見立てしか出来ない,ならば身の丈に合ったトレードをすべき,つまりリスク回避のためにポジションは閉じる。利大もいいけどもっと大事なのは損小。大きな損失はメンタル面でその後のトレードに影響ゼロとはならないはずなので。

↓ポンド米ドル5分足↓
20191213_GBPUSD_5min.jpg


16日からの注目は,まず上昇5波目と見ているポンドの天井を見極めること。下はポンド米ドルの1時間足です。週末の終値から再び上がっていくのであれば1.35を上抜けるのかどうか。重そうなら売りを仕込みますが,越えたところは途転。下がれば直近では空白帯となる1.32前半までは早いかなと。そして,その下の1.31~1.32のゾーンにどう反応するか。

↓ポンド米ドル1時間足↓
20191213_GBPUSD_1h.jpg


米ドル円はまだ第3波の途中かなと。なのでクロス円の上昇はまだこれからと思っています。なので,米ドル円は109円前半から下は買いたいゾーン。金曜夜にトランプ砲が炸裂して主にクロス円が売られましたが,そのタイミングでクロス円の買いをいくつか仕込みました。本当はドル円を買いたかったのですが,希望レートまで下がらず… キウイとポンドは既に買われすぎなので,金曜に主要クロス円で唯一陰線となったオージーは押し目買いするには良いレベルかと思い早々にマイン!

クリスマス休暇に向けて薄商い,値が飛びやすくなるので気を付けながらトレードしたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント