FXで生きる!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の予想と作戦

<<   作成日時 : 2006/05/14 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週末のUSDは貿易収支の改善が見込まれないとの思惑からか109.3まで売られましたが、蓋を開けてみれば結構な改善幅で大きく戻しました。しかしその後のミシガン大学消費者信頼感指数が予想より悪く、再度下落へ転じ110円ちょうどあたりで引けました。
先週末の動きが象徴しているように、依然としてUSD売り圧力にバイアスがかかっているものの、これ以上の売りは経済指標次第ということになるとおもいます。下げのピッチが早すぎたこともあり、輸出など売り遅れている筋が売りの水準を下げてきているとの報告が多数見受けられます。先週末も東京時間早朝での戻り110.7、貿易収支後の戻り110.6で上値が重たくなっていたことからも、そのあたりでは相当の売りがあったものと考えるべきでしょう。

週明けから米重要指標ラッシュです。
5/15 22:00 対米証券投資
5/16 21:30 生産者物価指数
5/17 21:30 消費者物価指数
ちなみに5/15の朝には日本の貿易収支が発表になります。T自動車の会長が余計なこと言っちゃってるので、良い数字が出たときの米の反応がちと怖いですね。また、バーナンキ議長とスノー長官の講演や証言も予定されています。

目先意識されるのは先週末に付けた109.3、昨年秋の怒濤の上昇前に付けた9/2の安値109.19あたりでしょうか。ここを割れば108円台への突入となると思いますが、ここから先のUSD売りは指標次第になると思います。良ければそれなりに戻すと思いますが、一つ一つ売りオーダーをこなしていかなければならなくなると思うので、一気に大幅上昇とはいかないと思ってます。まずは110円後半から111円、111.5、112.3あたりで一度足踏みするのではないでしょうか?良い数字を連発しても114円くらいまでではないでしょうか?逆に悪かった場合、どこまでいくのかちょっと測りかねるところもあります。きりのいい105円とか、昨年1/14につけたここ5年来の最安値101.79あたりが意識されるのでしょうか。
現時点でのトレードの作戦としては、指標前での戻り高値でUSDショートを積み増し。うまい具合に積み増しできたら、指標発表直前に積み増し分について直近に逆指し値。良い数字が出て上げたら、上げ止まったところで再度ショート。前半はこの作戦でいこうと思っています。後半については、出揃った指標全体を見て包括的に見つめ直して再度作戦を練ろうと思います。

良好な経済指標が続きけば、レンジ→上昇という流れになるでしょうがそれにはまだまだ時間がかかると思っています。USD売り圧力が収まるのは、米政策金利の利上げがストップしたときなのではないかと密かに思っています。

今週の予想出揃ってきてます! →人気blogランキング 、 にほんブログ村

バーチャルトレードも頑張るぞ!→バーチャル取引「FX1」 、 バーチャルFX

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ODL japan

高機能チャート MetaTrader4をクライアントソフトに,更にODL MetaTrader4 ProActiveでシステム売買(EA:Expert Advisors)が可能!
ODL

注目!業者ピクアップ

顧客の声を真摯に聞いて進化し続けるヒロセ通商に注目!
ヒロセ通商活用法
画像


受賞歴

金融投資専門のランキング"マネポケ"にて「第1回マネポケ大賞2007」でFX部門賞をいただきました!
画像

今週の予想と作戦 FXで生きる!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる